婦人科診療のご案内

 

がん検診

子宮がんには主に2つのタイプがあります。
子宮の入り口に出来る子宮頚がんと子宮の奥にできる子宮体がんです。

はらだ医院 がん検診

子宮頚がんは20歳から40歳ぐらいの若い女性に多いのが特徴です。
また、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染すると発癌しやすくなります。
20歳を超えたら2年に1回は子宮がん検診を受けましょう。

婦人科疾患

子宮筋腫

子宮にできる良性の腫瘍(こぶ)で30歳以上の女性の20〜30%にみられます。
症状は生理の量が多くなること、月経量が多いことによる貧血、強い生理痛、膀胱が圧迫されて尿が近くなるなどが起こります。

はらだ医院 子宮筋腫

治療は、
1.症状に応じて痛み止めや貧血の薬を服用する。
2.ピル(経口避妊薬)を服用する。排卵が無くなると月経量が減り、子宮内膜症からの出血も少なくなり、症状が軽快します。
3.薬で女性ホルモンを低下させて月経を止めてしまう。結果的に子宮内膜症も萎縮して小さくなります。
4.手術には子宮(と卵巣のう腫)を取る子宮全摘術(+卵巣のう腫摘出術)や子宮内膜症の部分だけを切除する手術があります。
子宮内膜症の手術は腹腔鏡手術の方が、術後の癒着が少ない、術後の妊娠率が向上するなどのメリットがあります。

子宮内膜症

子宮内膜症は、本来子宮の内腔にある子宮内膜が子宮以外の卵巣、腹腔内などで増殖、出血し、生理痛、性交痛、排便痛や不妊症を引き起こす病気です。卵巣にできた子宮内膜症をチョコレートのう胞といいます。
また、子宮内膜症は40歳を過ぎると0.7%ほどの確率で癌化することが知られています。

はらだ医院 子宮内膜症

治療は、
1.症状に応じて痛み止めや貧血の薬を服用する。
2.ピル(経口避妊薬)を服用する。排卵が無くなると月経量が減るので、生理痛も少なくなります。
3.薬で女性ホルモンを低下させて月経を止めてしまう。(偽閉経療法)結果的に子宮筋腫も小さくなります。
4.手術には子宮を取ってしまう子宮全摘術と筋腫だけ取る筋腫核出術があります。
当院院長は腹腔鏡手術技術認定医ですから、高の原中央病院と連携して、ほとんどの症例を腹腔鏡を使って1〜2cmの小さな傷で手術する腹腔鏡手術で行っています。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍は卵巣の中に液体や脂などがたまってできる腫瘍です。
ふくろ状の腫瘍(多くは良性)となかにかたまりができる腫瘍(悪性の場合がある)があります。

はらだ医院 卵巣腫瘍

治療は原則、手術療法です。

更年期障害

閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。
更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

症状はホットフラッシュ、ほてりなどの血管運動障害、イライラ、不眠などの精神障害、めまい、頭痛、肩こりなどの身体障害があります。

治療は漢方療法、ホルモン補充療法、向精神薬などが一般的です。
当院院長は漢方専門医ですから、さまざまな生薬の組み合わせで作られている漢方薬を駆使して、全体的な心と体のバランスの乱れを回復させるお手伝いをすることができます。

月経前症候群(PMS)

原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動によって、情緒不安定、イライラ、めまい、倦怠感、むくみ、お腹の張りなどが月経前、3~10日の間続き、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

治療法は痛みに対しては鎮痛剤、むくみに対しては利尿剤などを使用する対症療法、ピルなどで排卵を無くし、ホルモン変動を無くす排卵抑制法、漢方療法などがあります。
月経前症候群も更年期障害と同様に漢方療法が非常によく効く疾患です。

ブライダルチェック

結婚前の女性を対象としたトータルチェックを行っています。
内容は、血液検査、性感染症検査、女性ホルモン分泌検査、内診・超音波検査などがセットになっています。子宮頸がん・乳がん検診、甲状腺機能や膠原病の検査なども追加できます。
最近ではカップルで受けられるブライダルチェックもあり、男性の性感染症検査や精液検査、ホルモン検査などのプランもあります。

ちなみに、女性の甲状腺機能に異常があると、排卵が起きなくなったり、黄体機能が低下して、不妊症・不育症の原因になったりすることがあります。膠原病は、習慣流産、胎児発育遅延などの原因になります。

結婚の予定がなくても、一般的な健康診断や婦人科検診、乳がん検診は定期的に受けておきたいですね。
また、性感染症は不妊の原因にもなります。パートナーが変わったタイミングで、性感染症の検査を受けておくことをお勧めします。

また、結婚後の女性には上記の内容にプラスして、超音波検査で排卵の有無をチェックする「プレママチェック」もご用意しています。

不妊症

不妊のカップルは約10組に1組と言われていますが、近年、妊娠を考える年齢が上昇していることもあり、この割合はもっと高いとも言われています。
全く病気とは無縁で病院を訪れることのなかったカップルにとっては、不妊ではないかと考えただけで大きな不安をお持ちになることと思います。まずは健康であることを確認し、人生のプランをたてるために、当院にご相談ください。

不妊症の原因は、女性では、排卵がうまくいかない排卵因子、卵の通り道に障害がある卵管因子、子宮の形などに異常がある子宮因子、女性ホルモンや甲状腺ホルモンに異常があるホルモン因子などがあります。
また、男性では精子の数が少ない造精機能因子、精子の通り道に障害がある通過障害因子、勃起不全や射精障害になる性機能障害因子などがあります。適切な検査をして原因を追求し改善していくのが治療への近道です。

当院での治療法はタイミング法、排卵誘発法、人工授精には対応しています。
何度かチャレンジしても妊娠に到達できない場合は連携している不妊専門病院をご紹介することも可能です。

避妊相談

ピル

診療案内に戻る

トップページに戻る